Setup


本プロジェクトで配布している音響数値解析ガイドブックのサンプルプログラムやSimpleAPIを実行するには、予めいくつかのソフトウェアのインストールが必要になります。以下、それぞれ説明していきます。

(以下の情報は書籍の付録と比べて古い情報です。次回更新されるまでの最新情報は書籍をご覧ください)

Windows用のインストール手順

Pythonとその周辺

  • Python2.5系
  • Numpy(Pythonで行列を扱うライブラリ)
  • Scipy(Pythonで複雑な数値計算を扱うライブラリ)
  • Matplotlib(PythonでMatlabライクなグラフを扱うライブラリ)

といったソフトウェアのインストールが必要になります。それぞれ、下記からダウンロード・インストールしてください。

http://www.python.org/download/releases/2.5.4/

http://sourceforge.net/projects/numpy/files/

http://sourceforge.net/projects/scipy/files/

http://sourceforge.net/projects/matplotlib/files/matplotlib/matplotlib-1.0/

Gmsh

サンプルスクリプトやSimpleAPIでメッシャクラスを使用するとき、パスの通った場所にGmsh.exeをインストールする必要があります。将来的には何らかの方法でパッケージに含めることも検討していますが、現状まだ実装していません。

http://geuz.org/gmsh/#Download

よりダウンロードとインストールが可能です。パスの通し方がわからない場合は、Gmsh.exeをC:\Python25\にコピーするなどしてください。

OpenAcousticsのプログラムを実行するために

OpenAcousticsのプログラムを実行するためには,OpenAcousticsが提供するgmshクラスをインポートする必要があります。詳しくはSoftwareのページをご覧下さい

Linux用のインストール手順

for Ubuntu (10.04LTS Desktop)

Ubuntu 10.04LTS Desktopには、初期設定でpython-2.6.5がインストールされています。

また、OpenAcousticsの各種コードの実行に必要な、NumPy、SciPy、matplotlib、gmsh等は追加パッケージとしてレポジトリ上に用意されているので、パッケージマネージャ―からインストールできます。

詳細なインストール手順はこちらを参照して下さい。

for CAELinux

今後掲載予定

Mac用のインストール手順

for Mac OS 10.5 and 10.6 (Intel Mac)

Mac OSX は予めPythonがインストールされています。慣れている人は,それをベースにmacportsを利用して,NumPy, SciPy, matplotlibをインストールし,さらにGmshをダウロードしてパスを通せばすぐに環境が整うでしょう。
また,superpackを利用すれば,NumPy, SciPy, matplotlib が簡単にインストールできます。

しかし,これらの方法は限られた環境のみに対応していること,また上手くインストールできない場合の対処が難しいことが難点です。そこで,少々手間がかかりますが確実なインストール手順をまとめました。こちらを参考に環境を整えてみてください。