第2回ハンズオンセミナー(2014/10/25) 準備


1. インストール
For Windows 8 , 7, Vista, XP (32bit and 64bit)
Python 2.7.8
Python 2.7.8 Windows Installer (Windows binary — does not include source)
インストール途中で、“add Python.exe to Path” をオンにしてください。

NumPy1.9.0
numpy-1.9.0-win32-superpack-python2.7

SciPy0.14
scipy-0.14.0-win32-superpack-python2.7

matplotlib1.2.1
matplotlib-1.2.1.win32-py2.7

For Mac OS X
Macについてはここを参照(Mac portsを利用した方法ではなく、ひとつずつパッケージを入れる方法をお勧めします。動作は未確認)

2. パスの設定 インストール時に”add Python.exe to Path” をオンにした方は飛ばしてください
For Windows
スタート > コントロールパネル > システム > システムの詳細設定 > 環境変数
システムの環境変数 Path を選び、編集…
末尾に
;C:\Python27
を追加(セミコロン、コロンを間違えないように!)
OKで閉じた後、いったんログオフもしくは再起動
インストール時に設定した場合には、Pathの先頭に追加されています。

3. サンプルプログラムの動作確認
samples20130904.zip
をダウンロードして、/FDTD/sampleFDTD1.py を実行してみてください。
環境によりますが、図が出るまで少々時間がかかります。
波形の図を閉じると、音圧分布の図が表示されます。

第2回ハンズオンセミナー開催のお知らせ


OpenAcousticsプロジェクトで公開しているオープンソースを各自のPCで動かしながら習得するハンズオンセミナーを今年も企画しました。
波動音響シミュレーションに触れてみたい,これを機にはじめてみたいという皆様,多くのご参加をお待ちしております。なおハンズオンで講習するため,定員を20名とさせて頂いております。ご希望の方はお早めにお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

【主催】日本建築学会・環境工学委員会・音響数値解析小委員会
【日時】2014年10月25日(土) 9:30~16:30
【会場】建築会館3階会議室(東京都港区芝5-26-20)
詳しい情報は下記URLにございますのでご参照ください。
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2014/141025.pdf

【参加費】 建築学会員7,000円,会員外9,000円,学生5,000円(資料代含む,当日会場でお支払いください)
【定 員】 20名(申込先着順)
【参考書】「はじめての音響数値シミュレーション プログラミングガイド(コロナ社刊)」(当日販売します)
【申込方法】 Web 申し込み https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=898 よりお申し込みください。

申込問合せ:日本建築学会事務局 研究事業グループ 一ノ瀬様
TEL 03-3456-2051 E-mail:icnihose[at]aij.or.jp

ハンズオンセミナー (9月11日) 準備


1. インストール

For Windows 8 , 7, Vista, XP (32bit and 64bit)
Python 2.7.5
Python 2.7.5 Windows Installer (Windows binary — does not include source)
NumPy1.7.1
numpy-1.7.1-win32-superpack-python2.7
SciPy0.12
scipy-0.12.0-win32-superpack-python2.7
matplotlib1.2.1
matplotlib-1.2.1.win32-py2.7

For Mac OS X
Macについてはここを参照(Mac portsをインストール後、ターミナルを使ってインストールするようです。動作は未確認)

2. パスの設定

For Windows
スタート > コントロールパネル > システム > システムの詳細設定 > 環境変数
システムの環境変数 Path を選び、編集…
末尾に
;C:\Python27
を追加(セミコロン、コロンを間違えないように!)
OKで閉じた後、いったんログオフもしくは再起動

3. サンプルプログラムの動作確認

samples20130904.zip
をダウンロードして、/FDTD/sampleFDTD1.py を実行してみてください。
環境によりますが、図が出るまで少々時間がかかります。
波形の図を閉じると、音圧分布の図が表示されます。

ハンズオンセミナー開催のお知らせ


OpenAcousticsプロジェクトで公開しているオープンソースを各自のPCで動かしながら習得するハンズオンセミナーを企画しました。
波動音響シミュレーションに触れてみたい,これを機にはじめてみたいという皆様,多くのご参加をお待ちしております。なおハンズオンで講習するため,定員を20名とさせて頂いております。ご希望の方はお早めにお申し込みくださいますようお願い申し上げます。

【主催】日本建築学会・環境工学委員会・音響数値解析小委員会
【日時】2013年9月11日(水) 9:30~16:30
【会場】建築会館3階会議室(東京都港区芝5-26-20)
詳しい情報は下記URLにございますのでご参照ください。
http://www.aij.or.jp/jpn/symposium/2013/130911_k.pdf

【参加費】 建築学会員7,000円,会員外9,000円,学生5,000円(資料代含む,当日会場でお支払いください)
【定 員】 20名(申込先着順)
【参考書】「はじめての音響数値シミュレーション プログラミングガイド(コロナ社刊)」
【申込方法】 Web 申し込み https://www.aij.or.jp/index/?se=sho&id=553 よりお申し込みください。
※参考書籍の購入を希望される方は、通信欄に「○○冊書籍購入希望」と明記してください。

申込問合せ:日本建築学会事務局 研究事業グループ 榎本様
TEL 03-3456-2051 E-mail:enomoto@aij.or.jp

書籍出版のお知らせ


このたび、コロナ社様より、本プロジェクトを書籍化した「はじめての音響数値シミュレーション プログラミングガイド」を出版いただくことになりました。

コロナ社の書籍案内ページ

「はじめての音響数値シミュレーション プログラミングガイド」関連ファイルのダウンロード

Many thanks for your interest, Free Acoustics!


We’ve got a friendly correspondence from a developer of Free Acoustics. Currently they offer AlphaDoc, an opensource graphical database of absorption coefficients of building materials, and VizIR, a graphic tool of acoustic criteria (such as T30). We are encouraged to know someone else is working on opensource codes in the field of architectural acoustics. Many thanks for your interest, Free Acoustics!

WEB更新情報


WEB更新情報


WEBのデザイン変更を行いました。反対意見が多くなければ、しばらくこれで行きたいと思います。